TOEIC900点が選ぶおすすめオンライン英会話20選

【驚愕の効果】英語のシャドーイングの正しいやり方とシャドーイングの効果

 

シャドーイングとはスピーチ・シャドーイングとも言われる言語発音の練習方法で、影のように音声の後に自分の声を重ねて付いていくことを言います。英語のスピーキング力やリスニング力をあげるために行う

シャドーイングとはスピーチ・シャドーイングとも言われる言語発音の練習方法で、影のように音声の後に自分の声を重ねて付いていくことを言います。英語のスピーキング力やリスニング力をあげるために行う練習で、通訳士など言語を扱うことを仕事としている方も行う練習方法です。

本稿ではこのシャドーイングのやり方と効果を解説し、オススメの教材などを紹介していきます。

シャドーイングとはリスニング力upの近道

シャドーイングは話す練習ですが、教材となる音声の英語を正確に聞き取る必要があります。そのためリスニングの練習も兼ねるので、英語の音声に耳が慣れていないという方にとってもたいへん有効な訓練になります。特に初心者の方ほど早い段階からシャドーイングを学習の一部に取り入れた方が上達速度をあげられるのでおすすめです。

 

シャドーイングの効果

英語に限らず言語学習で最も大事なのは「発声」です。自分で正しく発音ができている音は聞き取ることができ、意味が理解できます。また意味が理解できている言葉は読むことができ、書き取ることもできるのです。

 

言語の理解とは、まず発音がしっかりとできてから、聞き取り、読み取り、書き取りが出来るようになっていくのです。

 

これは日本語でイメージしていただくとわかりやすいと思います

 

私たちも親からの日本語をたくさん聞いて、その発音を真似していく事で徐々に日本語の発音を覚えていき、それから言葉の意味を理解し、読み書きが出来るようになっていったことでしょう。シャドーイングはこの言語学習のプロセスと同じことをするため、英語力の総合的な力を底上げする上でとてもオススメな練習方法なのです。

 

実際にある程度の英語力が身についている方のほとんどはシャドーイングを取り入れています。

 

 

リスニング

例えば英語の文を見てリスニングをしている際に、文を読んで想像した発音と実際に流れた音声の発音が一致していない。という経験をした方は多いと思います。

 

これは英語と日本語では音の作り方が大きく異なる為です。シャドーイングは原則元の英文を見ずに聞こえた音をそのまま真似るので、文を読むことによる先入観からくる発音ではなく、正しい音の作り方を身につけることができます。

発音

聞いた音をそのまま真似することがシャドーイングなので、正確に真似することができるようになるほど、発音もネイティブのモノに近づいていきます。シャドーイングでたくさん練習したフレーズなどの発音はどんどん良くなるので、部分的ではありますがネイティブらしさが出てきます。つまりたくさんの教材で練習を重ねていくことで流暢な発音が身についていきます。

リーディング

シャドーングによる練習で文章を早く理解することもできるようになります。なぜなら私たちは文章を読むときは実際に声に出して音読はしていなくても心の中で必ず「発音」しながら読んでいるからです。つまり英語の発音が滑らかに発音できるようになると、それに比例して読むスピードも向上するのです。TOEIC600点以上の高得点を狙いたい方は文章を早く読むことも必要になってくるので、シャドーイングの練習は必須と言えます。

シャドーイングの正しいやり方

  1. テキストを音読する
  2. 音声を聞く
  3. テキストを読みながらシャドーイングする
  4. テキストなしでシャドーイングする

目的別シャドーイングの練習方法

ここからは具体的なやり方について解説していきます。

シャドーイングにはいくつかの方法があり、どの練習法を行うかによってそれぞれ強化するポイントも変わってきます。

大きく分けてシャドーイング練習では発音、表現力、意味理解の3つの技能を鍛えることができます。

鍛えたい技能によってやり方が異なり、列挙すると下記のようになります。

鍛えたい技能

発音の正確性プロソディ・シャドーイング

意味理解の高速化コンテンツ・シャドーイング

表現力を幅フレーズ・シャドーイング

H3プロソディ・シャドーイング

発音強化を目的として、発音だけに焦点を絞ってシャドーイングをする練習です。英文の意味や内容は理解しなくていいので、母音と子音、音の繋がり、ストレスの位置、リズム、イントネーション等の音声の出し方にだけ集中します。この練習を行うことで発音の矯正ができるのでスピーキング力とリスニング力が向上します。

ただし、繰り返しおこなっても意味はわからないので、この練習だけでは意味理解はできません。

192

H3コンテンツ・シャドーイング

意味理解の高速化を目的として、文章全体の構造や内容の理解を早める練習です。こちらは発音の正確性や流暢さは意識せず、話している英語の意味が理解できるようになるまで繰り返し呟きます。その際は原文の英語もしっかりと読み込みます。また発音は意識しないのですが、チャンクは意識します。チャンクとは意味の塊のことで英語は必ず意味の塊で区切って発音をします。チャンクを意識することで文章を部分的に切り取って理解できるようになります。また区切りが理解できるとリスニングはもちろん、リーディングでも文章の内容を把握する力を向上します。

基本的にシャドーイングでは最初にコンテンツ・シャドーイングを行い、意味が理解できたらプロソディ・シャドーイングやフレーズ・シャドーイングに切り替える手法を取ります。

340

H3フレーズ・シャドーイング

シャドーイングで練習した教材を実践の英会話でも応用できるようにすることを目的とするのが、フレーズ・シャドーイングです。

上記二つの練習方法は文章全体を通して繰り返し練習を行うのに対して、この方法は定型表現や自分が実際に使いたいフレーズだけに絞って練習します。覚えたいフレーズを決めて、その意味と発音の両方を意識して繰り返し練習することで、そのフレーズを実際の英会話の中でも取り入れることができるようになります。

基本的にこれらの練習は別々でやるのですが、その理由はシングルタスクで行うほうが脳への定着が早いからです。人の脳は複数のことを同時に行うマルチタスクが苦手です。これらの練習は全て必要な練習なので、基本的にコンテンツ、プロソディ、フレーズの順番でシャドーイング練習を行うといいでしょう。

345

シャドーイングのやり方

まずシャドーイングにはいくつかの方法があり、どの練習法を行うかによってそれぞれ強化するポイントも変わってきます。鍛えたい技能によってやり方が異なるため、ここでは発音の矯正と意味理解の速度を高めるための練習方法を紹介します。

1.テキストを音読する

まず音声を聞かずに英文を音読します。この段階では発音は意識しなくていいので、詰まらずに言えるようになるまで文章を何度も読み込み、内容をしっかりと把握します。

2.音声を聞く

内容が理解できたら実際の音声を聞きます。自分の発音と実際の音声が違うと感じる部分は印をつけましょう。この時、英文がどこで区切られているか、どの部分を強調しているのかも意識して音声を聞きます。

3.テキストを読みながらシャドーイングする

テキストを読みながら音声を聞き、音声のフレーズから2フレーズ遅れで自分も同じ様に発音して追っていきます。この時、一番最初に音読した際の自分の発音と実際の音声の発音で特に違いがある部分を重点的に修正していきます。

4.テキストなしでシャドーイングする

最後はテキストを見ずに音声だけを聞いて、1フレーズ、もしくは3単語くらい遅らして自分も同じ様に発音して追っていきます。音声の発音だけに集中して聞こえた音と同じようになるよう繰り返し練習します。

シャドーイングおすすめ教材

ここまでシャドーングの効果とやり方について説明してきました。ここからは教材を紹介していきます。

上記で説明した効果をきちんと出すためには良い教材は必須になります。また自分の実力に合わせて適切な教材を選ぶこともとても重要です。3つ紹介するのでぜひ参考にしてください。

 

1位:スタディサプリ日常英会話

おすすめ度:★★★★★

レベル:4段階設定で初級から上級まで対応

特徴:PC向けの月額制サイト。ドラマ仕立てのストーリーを聴きながら学習ができる。

スタディサプリが用意しているオリジナルのドラマを観ながら英語学習を楽しめるアプリケーションでです。PC、モバイルに対応しているため、場所問わずいつでも学習ができます。またドラマの完成度が高いだけでなく、英語学習ツールとしてもかなり本格的に作り込まれています。月額1580円から利用可能で、7日間の無料体験版も用意されています。

 

スタディサプリEnglish(英語)は効果あり?デメリット多い?使った人の評判は?新日常英会話コースを実際にやってみた

 

2位:英語耳

おすすめ度:★★★★☆

レベル:初心者向け

特徴:本媒体の教材。付属CDを聴きながら発音を矯正できる。

ネイティブ並の発音を身につけるための発音の訓練方法が細かく説明されています。初版は2004年に出版されていながら今も尚売れ続けているベストセラー本です。日本人がネイティブの様な発音を身につけるために行うべき練習を段階別に書かれていて、付属CDの音声教材を聴きながら練習することができます。定価は1760円となっています。

3位:TEDICT

おすすめ度:★★★☆☆

レベル:中上級者向け

特徴:有料の携帯アプリ。TED talkを用いたディクテーション学習ができる。

聞こえた音声を携帯に打ち込み、リスニングの正確性を鍛えるアプリ教材です。教材は全てTED talkから採用していて、TEDのスピーチ動画を用いてディクテーションの練習ができます。

TEDの動画そのものが内容が難しく、動画時間も5分以上のコンテンツが多いため、初心者には少し難しい教材です。無料版と有料版があり、有料版は360円です。

 

シャドーイングアプリおすすめ7選|初心者向け効果のあるシャドーイングアプリ

 

シャドーイングで英語勉強する際の注意点

シャドーイングのやり方を覚え、教材も紹介したので、さぁ今からやろう!と意気込んでいる方に向けていくつかの注意点を説明しておきます。

ここまでシャドーイングの良い部分だけを紹介していきまたが、実は一つだけ問題点があります。それはルールをしっかり守って行わないとあまり効果が出ないということです。ルールを3つ挙げますので、よく読んで実践してみてください。

レベルに合った教材を使う

シャドーイングの難易度は選ぶ教材次第ですが、自分の実力に見合った教材を選ぶことはとても大事です。初心者のうちはなるべく、時間が短く、できれば動画であるモノを選んだ方がいいでしょう。継続してこそ効果があるので、挫折してしまう難易度の教材は選ばない事です。多少簡単に感じても楽しくサクッと練習できる教材を選んだ方が効果が見込めます。

小さな声で発音しない

シャドーイングをする上で最も良くないことは中途半端に行うことです。特にシャドーイングを初めてまもない人に多いのが小さな声で発音する方が多いのですが、それではあまり効果がありません。英語の発音をよくしたいのであれば、最初は大げさに行なってください。声もなるべく張るようにしてしっかりと発声しなければ正しい音の出し方は身につきません。

教材の発音そっくりそのまま意識すること

使う教材にもよりますが、話にストーリー性があるモノは話し方に抑揚が必ずあります。静かにゆっくり話したり、時には大きく表情を作って感情を押し出すように話したり、様々です。シャドーイングをする際はそういった抑揚もしっかりと真似することが大事です。教材の中で話している役者になりきったつもりで行いましょう。

シャドーイングの効果とやり方まとめ

 

シャドーイングは英語の発音を鍛えるトレーニング方です。しかしその効果は発音だけでなく、意味理解の高速化やフレーズの引き出しを増やすことも可能で、英語の聞き取り、読み取り、書き取りという総合的な英語力も向上させることができます。実際に現役の通訳士の方のほとんどが日常的に取り入れているトレーニング法でもあることから初心者から上級者まで全ての英語学習者にとって有用な練習法です。正しい方法を知らなかった方も今までやったことのなかった方もぜひこの機会にシャドーイングを英語学習に取り入れて見てください。